若手育成・職人募集

職人たちの未来を育む――
若手育成にかける思い

私たちが誇る人材、それは若手育成においても大きな役割を果たしています。職人としての心・知識・技術を備えた「良い職人」がまた、「良い職人」を育てます。
私たちの人材育成は、まず「あいさつ」から始まり、コミュニケーションを通して、相手を思いやる心、職人としての自覚・誇りを養います。どれだけ機械が発達しても、操作するのは人であるからこそ、土台となる心を育んだ上で、熟練した職人の技術を継承したいと考えています。  また、自身の可能性を広げてほしいという思いから、多種多様な資格・免許の取得を支援しています。職人として幅広い知識を身につけ、多角的な視点をもつことで、仕事の幅は確実に広がり、将来的にも大きな飛躍へとつなががるでしょう。私たちは職人育成とともに、その未来をも共に育んでいきたい考えています。

募集要項

recruitment

求人は随時募集中です。
応募される方は、下記メールアドレスに、お名前・電話番号・電話に出られる時間帯を記入の上ご応募ください。
こちらから折り返しお電話いたします。
宛先:u_ko-yo@f6.dion.ne.jp

募集職種 現場作業員
現場管理者
仕事内容 仮設工事、鉄骨工事、PC工事、建築一式工事
賃金 180,000~350,000円
賃金形態 日給:11,000〜16,000円
昇  給 日給:500〜1,000円
休日・休暇 日曜日・祝日
雇用形態 正社員
給付が受けられる
保険種類
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
教育制度 個人の成長に応じた資格の取得支援
福利厚生 資格取得全額会社負担
(玉掛・足場・鉄骨・職長教育・とび技能士・基幹技能士など)
勤務時間 午前8時〜午後5時
所在地 大阪府門真市島頭4-26-17
通勤方法 マイカー通勤可
連絡先 072-885-4886

先輩社員の声

人として、職人として子どもが誇れる父親に

2007年入社 横手 捷太

社長からいつも言われるのは「家族を大切にしなさい」ということです。「その思いが仕事にも表れる」と。社長自身もご家族をすごく大切にされていて、僕たち社員のことも、子どものように思ってくれているのが分かります。

節目となる10年目を迎え、振り返ると、家族や同僚、お客さまなど、相手を思いやる心が人格をつくり、人として、職人として僕を成長させてくれたと感じています。次の10年もその気持ちを忘れず、心をもって仕事に向き合いたいと思っています。夢は子どもが誇れる父親になること。そのために必死で頑張っている真っ最中です。

僕自身、まだまだ覚えるべきことは山ほどありますが、どんどん経験を積んで、将来的には、自分が教える立場となって、先輩から引き継いだ光陽の精神を次の世代へとつないでいけたらと思います。

学びやすい環境を生かし、 実績と経験を積み重ねる

2008年入社 中島 賢

僕らの仕事は安心・安全に直結する職種なので、何よりも強い責任感が求められます。 先輩から学ぶ一方、僕が後輩に教えることも増え、その思いはより強くなりました。

今はまず、「自分の現場を持つ」ということが一番の目標。それには、より多くの知識や経験が必要です。人材育成に力を入れている会社なので、資格・免許の取得について、バックアップ体制は万全。講習会等にも積極的に参加できます。職長が中心となった練習会もあるので、コミュニケーションをとり、互いに切磋琢磨しながらステップアップを目指しています。

また、大きな現場を任せてもらえるチャンスにも恵まれており、現場での実践力も養えるので、僕自身、今後が楽しみです。そういった環境を生かし、自分ができることをどんどん増やして、幅広い分野にチャレンジしていきたいと思います。

表彰実績

award
表彰実績

表彰状

大阪府知事 吉村 洋文氏より、上記の者を
優秀建設施工者として表彰していただきました。

優良技術者認定証

大日本土木株式会社 代表取締役社長 馬場義雄氏より優良技術者認定証をいただきました。

感謝状(平成30年7月)

日綜産業㈱創立50周年記念大会において感謝状をいただきました

表彰状(平成30年7月)

黒沢建設株式会社 代表取締役 黒沢亮平氏より
安全優良賞をいただきました。

表彰状(平成30年6月)

株式会社北梅組
会長 小堀久志氏より、上記2名へ優良職長賞を
いただきました。

表彰状(29年2月)

大阪府知事 松井一郎氏より、
優秀建設施工者として表彰していただきました。

光陽太鼓部

和太鼓がつなぐ、人と人との絆、出会い

日本の伝統文化を守りたい――そんな思いから光陽和太鼓部がスタートしました。普段は違う現場でそれぞれに頑張っていますが、ひとたび和太鼓のもとに集まれば、一致団結。力強いチームワークを発揮します。和太鼓は私たちにとっての「絆」であり、「心」です。一曲一曲、全力を注ぐ大迫力の演奏が私たちの自慢です。
 互礼会や各種パーティーなどで披露する機会が多く、仕事以外でのつながりや出会いが増え、良い刺激となっています。

活動履歴

2016年1月 近畿建設団体連合会新年相互礼会にて演奏
2016年9月 日綜産業株式会社近畿安全大会にて演奏
2016年11月 児童養護施設 大阪西本願寺常照園にて演奏
2017年2月 建設職人基本法制定記念祝賀会にて演奏(明治神宮会館)

ギャラリー

gallery